【家の改築に合わせて和風の庭を洋風にリフォームしました】

和風から洋風へ、住まいを改築するのに合わせ、和風の庭の一部を残し、全面芝生の洋風の庭へリフォームしました。視界を遮る構造物や樹木を新たに設けず、アプローチの両側に芝生を貼って、庭全体を爽やかさと清々しさを感じる洋風の庭にしています。リビング前にはテラスを作り、そのまわりに真夏の日除けとして葉の大きい樹を残し、真夏には家族がテラスで涼しく寛げるようにしています。おもわず裸足で歩きたくなる芝生の庭です。※造りたい庭があったらお知らせください。藤原131214

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭情報はこちら
http://www.egarden.cc/(庭のカタログ)
http://ameblo.jp/egarden情報はこちら
e0267979_04100433.jpg
e0267979_04093669.jpg
e0267979_04091571.jpg


[PR]
# by egardens | 2018-01-17 04:13 | 洋風の庭 | Comments(0)

【和風の庭をベースにモダン和風にアレンジした庭】

落ち着いた和風の庭が好き、でも昔ながらの松や槇の木を使った庭に抵抗がある方は、和風の庭をベースにモダン和風にアレンジした庭をお薦めします。新緑、開花、結実、紅葉と一年を通して、季節ごとに変化する和風の木と、そのまわりにそれぞれの季節に花が咲く低木や多年草や宿根草を一緒に植え、風情のある景石や灯篭、蹲などを調和させてください。従来の和風とは趣が違う『モダン和風の庭』になります。庭がアプローチや道路に接している場合は、目隠しを兼ねて庭を垣根で囲ってください。※造りたい庭があったらお知らせください。古積和風②③・青花和4

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭情報はこちら
http://www.egarden.cc/(庭のカタログ)
http://ameblo.jp/egarden情報はこちら
e0267979_16472009.jpg
e0267979_16465799.jpg
e0267979_16455286.jpg


[PR]
# by egardens | 2018-01-16 16:54 | 癒しの庭 | Comments(0)

【新築時の敷地プランニングは造園会社に任かせてください】

新築をする時に、ほとんどの方が敷地計画を住宅会社に任せます。住宅会社は自社の建物の見栄えを考えて敷地設計をしますので、どうしても庭の日照や動線が後回しになり、全体のバランスが悪い敷地設計になります。庭と建物は一体と考えて敷地設計をしなければ居心地の良いお住まいにはなりません。本格的な造園会社は日照と動線を考えてランドスケープ(景観設計と敷地設計)をしてくれますので、敷地設計を造園会社に任せ、その計画を基に建物の建築場所や庭の配置を決めてください。まわりからの景観や見栄えだけでなく、部屋からの眺めや日照や動線など、バランスのとれたお住まいが完成します。※造りたい庭があったらお知らせください。藤原11・AC・古積洋③

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭情報はこちら
http://www.egarden.cc/(庭のカタログ)
http://ameblo.jp/egarden情報はこちら
e0267979_04020937.jpg
e0267979_04012120.jpg
e0267979_04004590.jpg


[PR]
# by egardens | 2018-01-16 04:09 | 目的のある庭 | Comments(0)

【草花を植える時は開花時をイメージして植えてください】

花壇に草花を植える方法には“同色系でまとめる方法”と複数の色の花を混ぜ合わせて“花のグラデーションを楽しむ方法”があります。また、草花の葉の形も大小や長短だけでなく、丸いものやギザギザに切り込んだものなど、いろいろな種類の草花があります。花壇に草花を植える時は、毎年花を咲かせる多年草や宿根草を中心に、季節ごとに植え替える一・二年草を組み合わせて、開花時の花の色や形、背丈、葉の形などをイメージして、遠くからでも花が立体的に美しく見えるように、花壇全体のバランスを考えて植えてください。※造りたい庭があったらお知らせください。ブログ④5023小林7湘南2

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭情報はこちら
http://www.egarden.cc/(庭のカタログ)
http://ameblo.jp/egarden情報はこちら
e0267979_16360270.jpg
e0267979_16353000.jpg
e0267979_16350468.jpg


[PR]
# by egardens | 2018-01-15 16:38 | 楽しむ庭 | Comments(0)

【施工した後の維持やメンテナンスを考えて造ってください】

屋外に植える木や草花はまわりの環境や気候の影響を受けやすく、害虫や病気の影響で時々枯れることがあります。また、施工に使う素材は年月とともに趣が深まる自然素材と、早くから劣化や色あせが始まるコンクリート擬似材など、いろいろな品質の素材があります。庭を造る時は施工した後の維持や管理を考えて、庭木や素材はできるだけ質の良いものを選び、業者はメンテナンスや植栽管理を自社で引き受ける施工後の管理が行き届いた造園会社を選んでください。※造りたい庭があったらお知らせください。岩崎0176340藤原3

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭情報はこちら
http://www.egarden.cc/(庭のカタログ)
http://ameblo.jp/egarden情報はこちら
e0267979_04265263.jpg
e0267979_04262936.jpg
e0267979_04260922.jpg


[PR]
# by egardens | 2018-01-15 04:29 | 目的のある庭 | Comments(0)


ご自慢の庭


by egardens

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
和風の庭
洋風の庭
楽しむ庭
癒しの庭
目的のある庭
庭木の病気

ナビゲータ

  オーナー

庭づくりナビゲーター 川邉 光正

本当に庭が好きだから、いろいろな庭を楽しみたいです。見る楽しみ、創る楽しみは何歳になってもいいものです。私が知った庭をどんどんアップしていきます。
  
オーナー



最新のコメント

はじめまして
by kawabe mitsumas at 15:20
はじめまして。見ていただ..
by 川邉 光正 at 15:18
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 03:36

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
シニアライフ

画像一覧