庭木の病気 梅の新芽に害虫アブラムシが発生したら

梅の木には新芽の頃になると害虫のアブラムシが発生します。葉の先端が縮れた状態で黒くなってきたらアブラムシがいる証拠です。アブラムシが発生すると一緒にウイルス性の縮葉病が発症しますので、アブラムシの駆除剤と一緒に縮葉病に効く薬剤を混用散布してください。(樹木医)
e0267979_16531178.jpg

[PR]
by egardens | 2012-04-05 16:53 | 庭木の病気 | Comments(0)


ご自慢の庭


by egardens

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
和風の庭
洋風の庭
楽しむ庭
癒しの庭
目的のある庭
庭木の病気

ナビゲータ

  オーナー

庭づくりナビゲーター 川邉 光正

本当に庭が好きだから、いろいろな庭を楽しみたいです。見る楽しみ、創る楽しみは何歳になってもいいものです。私が知った庭をどんどんアップしていきます。
  
オーナー



最新のコメント

はじめまして
by kawabe mitsumas at 15:20
はじめまして。見ていただ..
by 川邉 光正 at 15:18
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 03:36

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
シニアライフ

画像一覧