ハナミズキの病気「灰色カビ病」奇形の花が咲き元気がなくなります。

毎年、綺麗な花を咲かしていたハナミズキが、昨年より元気のない奇形の花になりました。おそらく、これは「灰色カビ病」とおもわれます。対策は病班部、落下花弁は集めて焼却処分にして、木には農薬「スミレックス」2000倍液、または「ロブラール」2000倍液を散布してください。散布時期は発生している時期です。2週間から20日間隔で2回、心配ならば3回散布してください。翌年は発生する前に(花、葉の開花時)1回目の散布をおこなってください。
e0267979_5322615.jpg

[PR]
by egardens | 2012-05-04 05:35 | 庭木の病気 | Comments(0)


ご自慢の庭


by egardens

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
和風の庭
洋風の庭
楽しむ庭
癒しの庭
目的のある庭
庭木の病気

ナビゲータ

  オーナー

庭づくりナビゲーター 川邉 光正

本当に庭が好きだから、いろいろな庭を楽しみたいです。見る楽しみ、創る楽しみは何歳になってもいいものです。私が知った庭をどんどんアップしていきます。
  
オーナー



最新のコメント

はじめまして
by kawabe mitsumas at 15:20
はじめまして。見ていただ..
by 川邉 光正 at 15:18
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 03:36

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
シニアライフ

画像一覧