<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

【落ち着いた雰囲気のアウトドアラウンジ】

落ち着いた雰囲気のアウトドアラウンジを造るにはいろいろな方法があります。例えば、個室感覚の落ち着いた雰囲気のアウトドアラウンジが造りたいなら、趣のある枕木を庭に敷き、アンティークレンガでそのまわりを仕切り、まわりに雑木を並べて造ります。そこに木のテーブルや椅子を置くと個室感覚の落ち着いたアウトドアラウンジができます。他にも、レンガやタイルを放射線状に並べて造った半円形状のラウンジや、乱貼りのジェラストーンを白い御影石やピンコロで縁取りした円形型のラウンジなどがあります。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_76456.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-31 07:14 | 洋風の庭 | Comments(0)

【優れた造園会社は適性価格でしか引き受けません】

適性価格を無視して庭や外構づくりを安く依頼すると、外構業者は受注額に合わせて素材と職人を選ぶため、すぐに劣化が始まる雑な庭が出来てしまいます。素材には優れた製品から擬似品まで幅広くあり、職人も熟練工と見習いではかなりの賃金差があります。『適性価格』とは造園会社が受注する上での「最低価格」です。造園会社が過去に造った庭を見て、事業実績や技術資格などで信頼性を確かめ、それから見積りを取り寄せてください。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_584455.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-30 05:10 | 目的のある庭 | Comments(0)

【住む人のライフスタイルで外構スタイルが決ります】

オープンスタイルとクローズドスタイル、どの外構にするかは住む人の意識と敷地の広さや敷地が面している場所を配慮して決めます。例えば、魅せたい庭を造りたいならオープンスタイル、プライバシーを確保したいならクローズドスタイルにします。また、道路に面して建物との間隔がわずかしかないのであればオープン外構にすると広々とした印象に。しかし、交通量が多い道路に面していれば安全上クローズド外構にします。住む人のライフスタイルで外構スタイルが決ります。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_5415486.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-29 05:42 | 洋風の庭 | Comments(0)

【メダカが泳ぐビオトープをベランダに造りませんか?】

ベランダにメダカが泳いでいると心がとても和みます。今は自宅のベランダにビオトープを造り、自然の環境でメダカを飼うことができます。水質管理や掃除がとてもたいへんな気がしますが、ビオトープユニットが発売され、水漏れや水質悪化によるトラブルの心配がなくなり、ベランダでも簡単にビオトープが造れるようになりました。自宅にビオトープがあると家族が一緒にメダカを飼って世話ができ、心に繋がりができます。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_6332133.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-28 06:35 | 楽しむ庭 | Comments(0)

【代々引き継がれた家には素晴しい庭がたくさん残っています】

先代から代々永く引き継がれた家には見事な日本庭園がたくさん残っています。水を使わず自然石と古木だけで渓流の水の風景を庭に表現した『枯山水』、人工の池を中心に天然石と植栽をふんだんに使って大自然の庭を表現した『池泉庭』、苔土の庭に天然石と植栽を使って組み合わせ、日本の生活文化の “侘びと寂”を庭に表現した『茶庭』などがあります。引き継がれた日本庭園を眺めるとなんとなく落ち着きと懐かしさを感じます。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_5575831.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-27 05:59 | 和風の庭 | Comments(0)

【中庭は暮らしに爽やかさをもたらすテラリウムです】

建物の中央に中庭を造ると、住まい全体に明るさと通風をもたらす快適な空間ができます。窓ガラスを通して見る履き出し窓や下窓などからの眺めが見る部屋によって違って見え、ガラス容器に造った『テラリウムの庭』のようになります。中庭は季節によって変化するモミジや三つ葉ツツジなどの可憐な木と、自然石や灯篭、蹲などを組み合わせて造ります。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_674139.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-26 06:09 | 和風の庭 | Comments(0)

【駐車場は建物と一体感のあるものを造ります】

駐車場は車が無いときのことも考えて造る必要があります。駐車場を造る時は建物の外壁と調和させて一体感のあるものにします。例えば、建物の外壁がレンガの場合は、駐車場の素材もレンガを中心にいろいろな素材を組み合わせて一体感のあるテラス風に造ります。レンガ素材に枕木やタイル、石材などを加え、植栽と組み合わせてテラス風にします。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_6183786.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-25 06:21 | 目的のある庭 | Comments(0)

【家庭生活において庭は不可欠なものです】

生活スタイルの変化とともに建物が洋風化され、室内での快適な生活を求めすぎた結果、日本人は自然との接点を忘れてしまったように感じています。イギリス人にとってガーデニングが生活に密着しているように、日本人には心の中のどこかに日本の庭に求める「侘び」や「寂」といった庭への美意識があります。『庭』というものの中に日本人としての生活文化を築き、日本人がもつ庭への美意識をもっと深めていきたいと考えています。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_5133881.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-24 05:13 | 癒しの庭 | Comments(0)

【車が多い道路に面したお住まいの庭】

交通量の多い道路に面したお住まいは行き交う車が1日中とても気になります。車が気になるお住まいには植栽を中心にした庭と外構をお勧めします。道路を隔てて部屋から眺める庭にたくさんの木や草花が見えることで、行き交う車が次第に気にならなくなります。建物寄りに枝振りのよい株立ちの木を植え、その足元に季節によってそれぞれ違った花が咲く宿根草をたくさん植えて造ります。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_7173467.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-23 07:20 | 目的のある庭 | Comments(0)

【散歩する人をいつもワクワクさせる雑木の庭】

雑木の庭には1日中さまざまな小鳥が訪れ、木々は季節ごとに変化して、同じ表情がひと時もありません。見る人、散歩する人をいつもわくわくさせてくれるのが雑木の庭の魅力です。大きな木と低い木をそれぞれ互いに引き立て合うように植え、枕木や自然石を使って風情のある小道をつくり、大小の自然石をバランスよく配して『雑木の庭』は造ります。
写真②http://www.facebook.com/FUN.egarden 
写真③http://ameblo.jp/egarden 
写真館http://www.egarden.cc/
e0267979_6334846.jpg

[PR]
by egardens | 2014-10-22 06:34 | 楽しむ庭 | Comments(0)


ご自慢の庭


by egardens

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
和風の庭
洋風の庭
楽しむ庭
癒しの庭
目的のある庭
庭木の病気

ナビゲータ

  オーナー

庭づくりナビゲーター 川邉 光正

本当に庭が好きだから、いろいろな庭を楽しみたいです。見る楽しみ、創る楽しみは何歳になってもいいものです。私が知った庭をどんどんアップしていきます。
  
オーナー



最新のコメント

はじめまして
by kawabe mitsumas at 15:20
はじめまして。見ていただ..
by 川邉 光正 at 15:18
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 03:36

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
シニアライフ

画像一覧